04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「なぜ」を5回問いかける 




写真は琴似神社。

梅の花(たぶん)が咲いていた。
北海道に桜が咲くのはまだ先のことみたいだ。

******


問題の根本を捉えるためには、

「なぜ」を5回問いかけることだ。


たしかトヨタの企業精神だったかな。

壁にぶち当たることがあったら、必ずこれをやろうと決めている。
大きな問題の原因が実は身近なことだったとか、そういった例は少なくないはず。


******


昨日は天気が良かったので、三角山に登って札幌の整然とした街並みを見下ろしてきた。

風の強い日だった。

登山道の途中に少し開けた場所があって、そこで腰を降ろしてゲーテの「ファウスト」を読み進めていた。
とても言葉の美しい物語だ。
人間の本性について描写していることが多く、とても考えさせられる点が多い。

ふと思った。

自分にはわからないことが多い。

人間は不完全な生き物だ、なんてよく言うが、

不完全どころじゃねーな。

どれだけ努力しても、世界の物事の1%くらいわかれば上出来じゃないか。

例えば、その日は強い風が吹いていた。
風ってなんだ。
ただの空気の流れじゃないか。
でも、それは生き物のように、登山道の草を奥のほうから順々に揺らし、数枚の枯葉を纏ってぼくの顔に体当たりしてきた。
かと思うと風は既にぼくの後ろへ過ぎ去っていき、後ろではガサガサと木を揺らす音が聞こえ、ぼくの周りはまた静寂。

果たしてそれは、
「空気の寒暖差による下降気流」
であるのか、それとも
「風」
なのか。

その空気の流れを、気象学者はどう理解し、エゾリスはどう理解し、ぼくはどう理解するのか。

それのどれが正しいのか。
誰が本質に一番近いのか。

なぜ風は吹くのか。誰のために。どういう気持ちで。誰と一緒に。

なぜ。なぜ。
IDEA NOTE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

たまにバックグラウンドも変えてみる。 


DSC_0004_convert_20110429172939.jpg






写真はこの前円山公園で撮ったもの。

ノスタルジーを感じるような写真が撮ってみたい。
それがテーマだったりします。

がんばって写真の勉強もしたいなぁ。

やりたいことばっかりだ。


******


ノスタルジーって、どう説明すればいいんでしょう。

懐かしさ。

郷愁。

ノスタルジーを感じるときって、ものすごく快感じゃないでしょうか。

ぼくはそうです。

楽しい思い出がブワァッと蘇って
うわぁあのとき楽しかったなぁ、あ~これあのときの場所だ、
そういえばこの辺に建物なんかなかったなぁ。
変わっちゃったなぁ。

って。

時間が過ぎたことに対して、悲しいけれど、あぁ、こうやってどうにか前に進んでるんだ、

いろいろあったけれど、確実に物事が動いてきたことに、満足感さえある。

過去の自分が、今の自分を見ている感じ。

自分が今どこに立っているのかを確認できて、安心できる感覚。

それと同時に、過去の自分と今の自分の主観がごちゃまぜになって

フワフワと、心地よく眠りに落ちるときのような、ぼんやりした気持ち。


こんな説明で伝わるだろうか。

文章で自分の感じていることを伝えるのは難しい。
事実を伝えるのと、感覚を伝えるのは全く別の次元の行為なのかな。




******



話は変わるけど、

台湾の時期総統選の顔ぶれが決まったようです。


国民党は馬英九が再選を狙う。

そして注目された民進党は、蔡英文が出馬。


台湾の人たちは今回どういう行動をとるのだろうか。

気になる。

すごく一般的なことを言えば、
女性の総統っていうのはいろんな意味で歓迎すべきことだと思う。

日本じゃ今後しばらく無さそうなことだしね。
そういった意味では日本に対して良い影響を及ぼすかも。

さあどうなるんでしょうか。

気になる気になる。
台湾  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

児童ポルノへの認識の甘さ 

カンボジアの国境へ着いたときのこと。

入境検査の窓口の横には、これでもかというほど目立つ、児童ポルノ根絶のポスターが貼られていた。
それを目的に入境する人が絶えないのだろう。


一方、日本国内では、児童ポルノの摘発件数はここ三年間で爆発的に伸びており、2010年で1342件を記録している。
ついでに言えばHIV感染者数まで増えている。

問題は、その数が増加しつづけていることだ。

周りにいないだろうか。冗談で「ロリコン」とからかったりするやつ。なんか当たり前のように感じているけど、そんな軽い意味の言葉だろうか。

ゲイもいる。レズビアンもいる。
人それぞれ嗜好があり、様々な愛の形があることは可能な限り社会全体で肯定するべきだ。
ただし、児童ポルノには、「同意」が欠けている。
幼い子供が、何もわからぬまま人権を奪われている。

そのことに対して、日本人全体として、どれだけ危機感を持っているだろうか。
コンビニでもエロ本が買えて、ネットでいくらでも無修正動画が観れる時代に、何人の人が児童ポルノだけは絶対ダメだなんて考えるだろうか。

日本は高知性と野蛮をそれぞれ持て余してるんじゃないか。
IDEA NOTE  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

ハッスルホフ。 





北海道日本ハムファイターズ開幕戦、敗退。


ハッスルホフことホフパワーの活躍もむなしく。


そしてオビスポ・・・もっとハッスルしてほしいです。ハッスルホフ並に。



******



最近仕事たまってる。終わんね。

昨日疲れすぎて鼻血ブーしちゃったよ。

意外と体にきてるのねー




思考がまとまらん。やることがたまってく。



でもまぁ心地良いです。

こんぐらいがきっと丁度いい。



誰かが言ってました


「常に、自分の能力を若干超えた仕事がどんどん降ってくる状態が一番良い。それ以上でもそれ以下でも、成長できない。」

「春が2階から落ちてきた」 



伊坂幸太郎 「重力ピエロ」の冒頭です。



重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る





******


ご無沙汰です。



どうもね、冬ってねぇ・・・


外を自転車でかっ飛ばしたり、ジョギングしたり、

ゆっくり散歩しながら考え巡らせたり。

一眼レフを持ち歩き、道端の雑草にフォーカスしてみたり、

青空の下公園で遊ぶ家族連れを遠目から捉えてみたり、

大通公園のハマナスの美しい色に札幌人としてのアイデンティティを感じたり。

暇さえあれば公園のベンチで読書にふけったり、

友達と出かけてテニスしたりバーベキューしたり夜遊びして歩いて家まで帰ったり。。。




そういうことが出来ない期間ってのはこんなにも苦痛かと。



自分は北海道で生まれ育って、秋田県で大学生してましたが

慣れてるつもりでしたが


冬ってこんなに厳しかったっけ?



社会人としての時間的制約が影響したんだろうか?



全ては今となっては言い訳ですが、

何の生産性も見出せない冬を過ごしてしまいました。



これからは気持ちを切り替え、

今までサボってた事柄を真剣に考えたいです。

本も読みます。

自分の頭で考えます。


春が突然、前触れもなく現れて

いつの間にかぼくの気持ちを変えました。


これからは、季節の力、自然が持つ偉大な影響力を受け止めた上で、

あくまで主体的に自分の感情をコントロールできればなぁ、と思います・・・


本当未熟だなぁ自分。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。