05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

都会のウソっぽさ 

ペーパー提出、終わりました。
出来は、完璧ではないにしろ、とりあえず形にはなったと思います。
ほっとした~~・・・


・・・のも束の間、明日は筆記試験です。
ちなみにあさっても。
がんばろう。


**************



さて、まただまし絵展関連ですが、

本城直季

って人を知っているでしょうか。

web magazine "OPENERS"
こちらを参考にどうぞ。

写真家で、都会の風景を、ミニチュアっぽく撮っている方です。
上記のサイトにも写真がありますが、
すごいですよね。


ぼくは実際に実物を見たんですが、
最初は

すげぇこれ。よくこんなミニチュアつくったな~

って。
渋谷のスクランブル交差点の風景の作品だったんですが、
すごく精巧なミニチュアをつくったんだなーと最初は思ったんです。

んで、横の作品紹介見て、びっくり。

目を凝らして、じ~くり見てみると、
あぁ、なんとなく、これ本物の写真を加工したんだな、ってわかります。

そういうビックリ感が強烈に印象に残っていて、こうやって話題に出してしまいました。


たしかに、伝わってくるんですよね、
こうやって彼の作品を見ていると、普段見ている都会の風景が、
まるでウソっぽく 見えます。
ビルも、信号機も、地面のアスファルトも、
ぜーんぶ人工物なんですね。
実は最初っから全部ウソなのかもしれない、とさえ思います。

この不思議な感覚を味わうには、ぜひ彼の作品を直接見ることをお勧めします。



本城直季
Small Planet

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/91-9c28d8b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。