04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

書評 -金融立国試論 

金融立国試論 (光文社新書)金融立国試論 (光文社新書)
(2005/01/14)
櫻川 昌哉

商品詳細を見る









日本の金融が抱える問題を、キーワードごとにまとめて解説したもの。

一貫した主張、というよりも、各項目ごとに詳しい分析がなされている。
なので気になるチャプターだけ読めばよいと思います。

ただし記述は少し難しめ。
金融関係の知識がある人なら理解が早いかと。
ちなみにぼくは全体的にあまり飲み込めませんでした




******



本書でも出てくる、日本郵政についての記述。


やっぱこれ問題は根深い。

ゆうちょ銀行の預金量はどのメガバンクよりも大きいですからね・・・


今日もあの金融大臣の頑固タヌキがTV出演してました。

「いやそれはねぇ~あんたねぇ~なんでそうなのか知らないでしょ。それはねぇ~・・・」

と、おきまりのねぇねぇ口調で最初から飛ばしてました。




知らない人が多いと思いますが、
ゆうちょ銀行の預金の大部分は国債購入にあてられてます。

民間の企業に融資されない、ということです。




もっとわかりやすく言えば、

たとえばぼくが銀行に100万円預けたら、
銀行がその100万円をLEDライト作ってる会社に貸したりするわけです。

そうやって経済は回る。

でもたとえばゆうちょに100万円預けたら、
それで100万円分アメリカの国債買うかもしれない。
そしたらアメリカはその100万円のうち10万円くらい使って、新しい戦車作るかもしれない。
日本でLEDライト作ってる会社は、銀行がお金貸してくれないから、もう作れない。


まぁ極端な例ですが。




あのタヌキにどんな利害関係が絡んでいるのか知りませんが、

こんな行動は、到底、国民のことを、日本経済のことを考えた行動とは思えません!

ゆうちょ預金限度額引き上げ、断固反対。
書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/253-bd89457a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。