10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

PARADIGM SHIFT!!! 

最近、「7つの習慣」をまた通読している。


7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィージェームス スキナー

商品詳細を見る



そこで、実際に自分の身に起きた「パラダイムシフト」を紹介。

ちなみにパラダイムっていうのは、うまく訳する語彙がないけれども、
「枠組み」というか、「価値観」というか・・・

パラダイムシフト、といったときは、たとえばインドに行って人生観変わったよ、というような
ものの見方が180度変わってしまう現象を指します。



******




今月の日経新聞。

知る人ぞ知る「私の履歴書」というコーナーで、月単位でリレー形式で自伝がつづられているのですが
今月はユニチャーム会長の高原慶一朗さんの連載。




takahara.jpg






ここで余談ですが、ぼくは人づきあいをする上で、

筆跡からその人の人となりを予想する習慣があります。


たとえば、整ったきれいな字体の人は、几帳面でよい教育を受けてきたんだな、とか
丸文字の人は少なくとも攻撃的ではないなとか
筆圧が強くて豪快な字を書くひと(亀井静香さんとか)は、頑固なんじゃないか、とか。。





それで、「私の履歴書」欄は、その題字を筆者が直筆するのが通例となっているんですね。


これは正直な感想ですが、

「高原さん、字きったなぁ!!!!」



と思ったのです(気になる人は日経とってください)



だから、
「あ、この人は立派な経営者かもしれないけれど、いいとこ出の学術系ではじゃなくて、生え抜きの商売人なのかな」
とか思ったわけです。




そしたら、読み進めるうちにすごいことが判明しました!!!



なんと先日脳出血で倒れて、右半身が不自由で、リハビリ中だというのです。。



そしてこの題字は、練習した成果なのだ、と。。








ぼくは自分を深く恥じました。。。




なんと浅はかな。。
筆跡で人柄が大方わかるという自信は打ち砕かれました。






高原さんを見る眼がはっきり、音をたてて変わりました。
それと同時にこれからこのように先入観をもってしまうのはやめようと思いました。






そして思ったのです。

「これがパラダイムシフトか!!!」





あなたもこんな経験ありますでしょうか。

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/241-18403f71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。