04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

近所の公園の遊具が、新しくなってた。さびしくなった。 

いろんな思い出が染み込んだ、あの小ぢんまりとした、木製のアスレチック遊具。
通学路の途中にあって、9年間の青春を背負ったぼくが通った、あの公園。



幼馴染に、逆上がりを自慢した。

クラスメートについての悪口が落書きしてあった。

部活帰りにコンビニで買った肉まんを食べた。

夏祭りの後、仲良しグループで花火した。

好きな子と散歩した。

野球した。サッカーした。フリスビーでもでんぐり返しでも、なんでもやった。

初めて親に隠れて友達と缶チューハイでパーティーしたときも、あの公園だった。
盛大に吐いたのを覚えてる。笑




今日久しぶりに近くを通ったら、

大げさな柵で囲まれて、工事中だった。

中には、色鮮やかなプラスチックでできた、新しい遊具があった。
まるで昔からそこに居ました、という顔をしていた。


違う、お前じゃない、と思った。



*******




思い出っていつか無くなるんでしょうか。


写真とか、当時の手紙とか、そういうものを見て思い出す。
そうじゃない場合、思い出ってどれだけ確かなんだろう。

思い出の中の、一緒にバカやってたあいつの顔は、
本当にあのときのあいつの顔なのか?

どんどん変質したり、忘れ去られたりするのかな?


真っ暗な部屋で、電気のスイッチを手探りするみたいに、
思い出も、いつか心の奥底に身を潜めるんでしょうか。

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/222-de7dceb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。