05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Red shirt vs. Yellow shirt 

と、タイトルだけ見て、内容が予想できたアナタは、


さては タイ通 ですね!



****************


や、さっきまで高校のときに仲良かったタイ人の留学生と
久しぶりにチャットしたんです。


んで、ぼくがタイの状況は今すごく悪いけど実際どうなの、って聞いたら

「私はRed shirtのほうを応援しているわ」

ってズバッと言ってくれました。



実はRed shirtって言われてもどっちのことかよく知らなかったので聞いたら、

Red shirt: 親タクシン派。 反政府。
Yellow shirt:現政府を支持。

の二極で争っているらしい。



タイの政治情勢はかなり不安定なようです。

日本では安倍→福田→麻生とコロコロ首相が変わりましたが、
タイでは15ヶ月の間になんと4人首相が変わったらしいです!


さらに、クーデターや、空港占拠事件のように大規模なデモも絶えないみたいです。



タクシンの任期は2001年から2006年。

産経ニュースに依れば、

「タクシン氏を民主主義の旗頭とするには無理がある。首相時代は金権体質や独断専行、身内びいきが目立った。しかし、選挙という手続きを経て首相に就いたという点では紛れもない民主主義の体現者である。」

タクシンはたしかに民主主義を体現したかもしれないが、その実、汚職や不平等が目立っていた。

理想とはほど遠い現状、
未熟な民主主義。


共産主義国のベトナムやカンボジアに囲まれながらも生き残った
タイの民主主義は、それだけで価値があったのではないか。


それが今や、政局は荒れに荒れ、
無様な内乱を国際社会に晒している。


絶大な人気を誇るプミポン国王のもと、
国民は一つにまとまり、決まった日に黄色い服を着て国王を敬い、
暑い気候にも負けないくらい熱いハートをもった国じゃなかったのか。


**********************


とにかく、これからタイへ仕事、あるいは旅行で行く方は、

赤あるいは黄色の服は着ないほうがよさそうです。

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

国際社会  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/19-0b2ecc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。