05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

給食費未払い事件@台湾 大湖国小 

んじゃ~、一番面白かった話から。



12月3日、午前9時ころから、大湖国小という、台湾の一般的な小学校を見学してきました。

校舎を見てまわったり、英語のクラスを見学したり、学校の歴史やプログラムの説明を聞くなど、
充実した内容で、台湾の早期教育への理解を深めることができました。




その日程の一環で、お昼ご飯はなんと台湾の給食を食べることに!





うれしかった~
自分が昔学校で給食食べた思い出がよみがえるだけじゃなく、
台湾の小学生の生活を体験できるなんて、そうそうできる経験ではない!!

ちなみに小学校の給食は45元で、幼稚園になると38元だそうな。(1元=2.68円)



まぁそれまでも、ゲストとしてずいぶんもてなされたもんで、
せめて給食くらいは、生徒たちと目線を合わせて、ぼくたちも自分で払いますよ~~
なんて校長先生と談笑していました。

その話の流れで、
日本では、経済的に余力があるにもかかわらず、給食費を故意に払わない親がいることなど、
校長先生に話しました。
はっきりいってこれは台湾人の観点からすれば

ありえない

話で、むしろなぜそんなことが起こるのか、理解してすらいない様子でした。

そんな校長先生の様子を見て、
やっぱり日本はどうかしてる、
給食費を払わないなど言語道断、犯罪といってしかるべき行為だ!!

などと、みんなで憤慨していました。

******


給食を食べ終えた後は、
ぼくたちは次の日程に向かうため、校長先生の車で送ってもらい、景美という場所へ。
無事にたどり着き、わざわざ長いドライブまでしてくれてぼくたちを厚くもてなしてくれた
校長先生に感謝と別れを告げました。


そして、しばらくしてうちの教授がぼそっと言った一言。

「あれ、おれら給食費払ったっけ・・・??」




???




メンバーの誰に聞いても、誰一人払ってませんでした。


あれだけ給食費を払わない日本の親たちを非難していたぼくたちが、

まさかの給食費払い忘れという愚かなことをしてしまいました。

いや、もう、バカすぎて笑い転げました。

ちゃんと後日埋め合わせはします。笑
台湾  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/187-20948c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。