09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

書評 -座右の諭吉 

座右の諭吉 才能より決断
齋藤 孝
光文社新書

座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書)座右の諭吉 才能より決断 (光文社新書)
(2004/11/13)
齋藤 孝

商品詳細を見る






最近読んだ本の中では、特に気に入った一冊。

福沢諭吉の、主に「福翁自伝」を中心に、福沢の思想を拾って、噛み砕いて説明しています。


確かに、福沢諭吉の考え方から学ぶべきことは非常に多そうです。
伊達に一万円札に住み着いてないです。



例えば、
福沢は、ネガティブなものをすっと捨てて、常に心にスペースを持つことができたそうです。
福沢に言わせれば、精神はカラリとしたもんで、雲ひとつ無く、深く思い悩むこともなく、ただやるべきことをやればいいだけだったのだ。

ビジネス書などを見ても、繰り返し見られる表現ですが、
「すぐ行動に移す」
これがどうやら一番重要な勝者のメンタリティのようです。
そして、福沢はこれの体現者だった。

福沢は「浮世を軽く見」ていた。
だから、失敗してもへこたれない。
するべきことは、うじうじ悩むことではなく、また新しいことに挑戦すること。

これは口では言うのは簡単ですが、いざやれるのは一握りの勝者だけだと思います。


それから、本書の後半で特に触れられていること。

「カネは大事、でも健康はその百倍大事」ということ。
これは真実であるはずです。
健全な精神は健全な肉体に宿る、といいますが、
例えば運動不足では、なかなか集中力も続かないものです。

よく部活に打ち込んだ人が、受験勉強で信じられない速度で成長しますが、
それはこの、健全な肉体に基づいた集中力によると思います。



この本は、あくまでこの先の福沢諭吉学とも言うべき人生哲学への入り口だと感じました。

大事なのは、これから自分でまた原書に触れ、深く自分なりの考察を得ることだと思います。
書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://diddy903.blog37.fc2.com/tb.php/156-652dee38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。