03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

書評 -告白 


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る








話題作。
ずっと読みたいと思ってたら、最近文庫化したので、

即買&即読






******




話題になった作品なので、あらすじは知ってる人も多いでしょう。


娘を亡くした女教師が、
ホームルームの時間に、「愛美はこのクラスの生徒に殺されたのです」と告白することから始まる。




******




読み終わった後は、なんともやるせない気持ちになりました。。



登場人物それぞれが、どうしようもない。

それぞれがそれぞれの正義を持っている。 

でも、それらは少しずつ歪んでいて、他人を苦しめている。

だから、どうしようもなく愚かで、施しようがない。




誰を責めればいいのか、誰にもわからない。




******


作品中でも問題提起されていますが、


少年犯罪ってどこまで許すべきなんでしょう。。




だって責任能力無い場合が多いでしょう。

でも、だからといって許されるレベルではないケースもある。

むしろ、少年法を盾にしてやりたい放題やるやつもいる。



未成年に、まだ精神が成熟していないものに、言ったってわからない部分はあるはず。

では、言ったってわからないから放置するしかないのか。

教育が悪いのか。 犯罪者が悪いのか。





こういうときにいつもぼくが思うことは、

やはり家庭での教育が充実していないと、学校教育がいくら力を尽くしても何も響かない、ということ。


自分の周りの人間を見てみてもわかります。

家庭から愛情を受け、十分なしつけと教育を与えられてると見える人物は、やっぱり上品です。
考え方もしっかりしています。



だから、いつも思うのです。

尊敬されるパパになりたいと。
スポンサーサイト
書評  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。