06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

雪ウサギは考える。 

「徹夜」ってなんですか??

夜更かしすること?
一睡もしないこと?

普段のニュアンス的には、後者のような気がします。
だとしたら、「完徹」ってなんだ?


************


今日まで提出のペーパーを、無事書き終わりました。

超やっつけ。

これ、WILLYさん怒っても仕方がないくらいのレベルだよ・・・
言いたいことまとまってないし、リソース少ないし、おんなじことばっか書いて分量増やしてるし・・・

自分にあきれました。


しかし、負の産物というか、わかったことが二つ。

①やっぱりぼくには徹夜は向いていない。
昨日の夜、12時を回った時点で、2000ワード書かなければいけないうちの1200ワードまでしか終っておらず、そこからズルズルと長期戦に。
まぁ割とパッと書けそうな感じしますが、
12時回ったくらいから、集中力低下。腹も減る。カップめんを食って、一息ついて、なぜかYOUTUBEを見始める。急にすべてがどうでもいいような気持ちになり、よくわかんないMVとか、人のブログとか見始める。あーだめだだめだ!自分だめ!!みたいに途中で気づくものの、すでにモチベーションミニマムで、締切がせまってきてる事実にも焦りすら感じなくなる。
そっからもう思考力ゼロ。なに書いてるかわからないまま、惰性だけで2000ワード仕上げる。
眠い。
徹夜してでもそれなりのものを仕上げるつもりが、結局朝方5時すぎに撃沈。


②不安病
病ってほどではないですが、ぼくは 不確定、未確認なもの に非常におびえる性格で、その分好奇心が強いのですが、たまにどうしようもない不安が好奇心を上回ってしまい、普段の自分らしくふるまえないことがあります。
一例が、今回のペーパーでした。
単純に言えば、焦り。
自分が持っている時間の総量を考えると、ペーパーは無事書き終わる計算なのですが、
「まだ書き終ってない」
この単純な事実自体が、非常にぼくを不安にさせました。
つまり、何を恐れるでもなく、普通に作業を淡々と進めれば終わるのに、
意味のない不安に駆られ、目の前にそびえるのは巨大な雪山のような気がして、
「まずは少しでも作業をして楽にならなきゃ、不安を取り除かなきゃ」
と思い、足元の雪を手当たりしだいにひっかきまわし、
その結果雪崩が起きてさらに全体像が見えにくくなり、ましてや自分は上から降ってきた不安に埋もれてしまう、という悪循環。
時間を冷静に、有効に使えばまともなペーパーはかけたでしょうが、
結局ぼくは不安を振り払うようにやみくもに思ったことを書きなぐっただけでした。

原因は2つ
・もっと早くから準備すればよかった。当たり前だけど。これが最大のミス。雪山を積もらせなければよかっただけ。
・自分の性格。これは生来のもので、これからも付き合っていかなければならないことを覚悟。
ぼくは不安になることは非常に多くて、自分のこと小心者のケチだと思いますが、
その反面、好奇心はとても強いし、常に先々を見ようとしてるので(不安だから)、人生大きく踏み外すことはなさそうです。あと、今回のケースは本当に計画性が欠如してましたが、普段はなにかと計画をするのが好きです。じゃないと不安なので。

まるで、耳をピーンと立てたウサギみたいだと思います。自分のこと。

「世の中の事象はすべてメタファーだ」
って村上春樹が言ってましたが、
自分をウサギでメタファーするのは、ちょっと可愛すぎるかな、と今思いました。
終わり。
スポンサーサイト
IDEA NOTE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。