06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

中国のカップめんを食べてみた。 

20090702205618.jpg



ついこの間まで中国を放浪していた友達からもらった、カップめん。
というより、カップパスタ?

その名も「I意面」

ちなみに日清です。

見た目は、なかなかおいしそう。
右下のマークは電子レンジです。
電子レンジは中国語で「微波炉」っていうんですね。どうやらレンジで作れるみたいです。

ってことで、食べてみました。


**************



写真撮ってないんですが、
中を開けると油で揚げた感じの麺と、袋に入ったソースが入ってました。
うん、普通ですね。

んで調理法はというと、
→ここまで
という線まで水を入れ、あとはレンジでチンするだけ。
簡単。
ただ問題だったのは、→ここまで の線が外側についているため、
結局どこまで入れればいいかわからない
ということ。
ちょっと水入れては、斜めとかいろいろ角度を変えてみてみましたが、
どうやら結局入れすぎだったみたいで、
レンジで随分チンした後も、汁がだいぶ残ってました。
ちゃんと作れば、水は全部麺に吸収されるみたいです。すごいっすね。けっこう水もひたひたにいれるんだけど。

そしてべちゃべちゃの麺の上から、ソース投入。
おいしそうな匂い。

さっそく食べてみました。

20090702205615.jpg


感想は。。。

うまい。普通にうまい。


いや、むしろ、ギャグみたいな味を期待していたんですが、
普通にうまかったです。
これなら、台湾で食べた超台湾風味のカップめんのほうがまずかった。。味薄いわりに、すげぇ台湾の調味料の味しかしなくて、けっこうがっかりだったんですよね。台湾のやつは。


まぁ一つ問題点はあって、それは
食べにくい ということ。
つうか、容器深すぎ。おかげでハシの角度が保てず、常にツルツルっと逃げられました。
うん。フォークで食えよ、って話ですよね。

以上。
あんまり面白くなかったなぁ。
今度はもっと挑戦的な料理でも作ってみます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。