06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

書評― 読書について 




読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/07)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る












インターネットがいまやどこでも繋がる時代、

「情報」なんてのはちょっとググるだけで一発で見つかる。

情報の洪水の中で、現代人は考える力を失いつつある。



ショウペンハウエルが1851年に書いたこの本は、

そんな未来を見据えていたかのように、示唆に富んでいる。


たとえば、
「読書とは他人にものを考えてもらうことである。
 一日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」

表紙にもあるこの一文に、読書家は肝を冷やされるだろう。



ぼくは常々、読書とはコミュニケーションであると考えている。

著者と読者との、二者間のみだ。邪魔する人はいない。


ただし、それはあくまで一方的だ。

著者が伝えたいことが伝わるかは、100%読者にゆだねられている。

読者の理解力や気分によっては、まるで合わないパズルのピースのように、

読者の脳みそには染み入ることはなく、文章はただの文字の羅列と成り果てる。


そしてよしんば著者の意思を汲み取れたとしても、

それはあくまで「他人の考えたこと」である。

それが有用か無用かは議論しない。

ただ、ぼくは、他人の靴で歩き回るのはやっぱり不自由ではないかなとは思う。




そこで、この本に納められている別のエッセイ「思索」である。

「いかに多量にかき集めても、自分で考え抜いた知識でなければその価値は疑問で・・・」

とある。

たいしたことないアイディアだっていい、その人しか思いつかない考えにこそ価値がある、
というのは納得できる。

アップルの標語はこうだ。


think different.


これはトンチがきいている。
(文法的には think differently. が正しい。あえて間違えていることで、強調の効果がある)


また、欧米の人がよく言う言葉が


make a difference.


だ。

「違い」を生み出せるか。

それはすなわち、「価値」を生み出せるか、ということに等しい。
スポンサーサイト
書評  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

「二十一世紀に生きる君たちへ」 

とりたててブログに書くようなこともないので

なんとなく、自分の好きな文章を書き写してみようと思います。


司馬遼太郎、「十六の話」より

小エッセイ「二十一世紀に生きる君たちへ」



十六の話 (中公文庫)十六の話 (中公文庫)
(1997/01)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る




******


私は、歴史小説を書いてきた。

もともと歴史が好きなのである。両親を愛するようにして、歴史を愛している。

歴史とはなんでしょう、と聞かれるとき、

「それは、大きな世界です。かつて存在した何億という人生がそこに詰め込まれている世界なのです。」

と答えることにしている。

私には、幸い、この世にたくさんのすばらしい友人がいる。

歴史の中にもいる。そこには、この世では求めがたいほどにすばらしい人たちがいて、私の日常を、はげましたり、なぐさめたりしてくれているのである。

だから、私は少なくとも二千年以上の時間の中を、生きているようなものだと思っている。

この楽しさは ―― もし君たちさえそう望むなら ―― おすそ分けしてあげたいほどである。



******



これが序段です。


司馬遼太郎作品を読んでいて思うことは、

作中人物に対しての愛がすごく伝わってくるということ。


作品の中で、ちょっと寄り道をして、ある人物に関するエピソードを挙げてみたり、

その人その人の性格について司馬さんなりの解釈を加えてみたり、と

(たとえば武市半平太は、剣術や人格などどれも一等だが、観念主義的すぎる嫌いがあった、とか)


史記、というよりは、昔語り、といった雰囲気で進んでいきます。

だからとても暖かい。

あぁほんとに司馬さんは歴史が好きで、文章を書くのが好きで、人間が好きで、たまらないんだろう、と。

それがわかるから、こちらも暖かい気持ちになる。


そういった、司馬さんにとっての歴史観というのを、裏付けてくれる序段だと思います。
書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

書評 -梟の城 












消費税10%だってさ。


子供手当てや高速道路無料化とか高校の授業料がうんぬんとか

そういうエサに飛びついたのは国民ですからね。


いくら「今後4年間は消費税上げません」とかなんとか言ってたとしても

こういう結果になるのは、少し頭をつかえばわかることだと思う。


無い袖は振れないんだから。


だからさ、国民にも責任というか、もう税率がどうなったって

ジタバタしちゃいけないんだから。そういう政権を選んだんだから。


だけどさ、それでもさ、




まじ増税カンベンしてほしいっすよね。






*******




最近忍者小説にとことんはまっておりますが



そのきっかけは司馬遼太郎「風神の門」でした。。



風神の門 (下) (新潮文庫)風神の門 (下) (新潮文庫)
(1987/12)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る






忍者ってこんなにモテモテか、と。

(読めばわかる。)







それに比べ、この「梟の城」の主人公は


特に風間五平の生き方は



どこか不器用で、憎めない。




こんな忍者もありか、と。


梟の城 (新潮文庫)梟の城 (新潮文庫)
(1965/03)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

書評 -世界金融危機 開いたパンドラ 



世界金融危機 開いたパンドラ (日経プレミアシリーズ)世界金融危機 開いたパンドラ (日経プレミアシリーズ)
(2008/12/09)
滝田 洋一

商品詳細を見る







筆者は日経新聞の記者として第一線で活躍してきた方。



それだけに、文章がうまい。いろんな意味で。

導入部分もわかりやすく親切だし、本全体の構成もいい。

なにより語彙が豊富だし、新聞記者らしいロジックを意識した書き方をしていると思った。

引用も多い。具体的な数字やエピソードで話が展開していく。





******



内容は、難しい部分もありますが、

この一冊は、新書という枠を超えた充実っぷりです。

お買い得。
書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

書評 -大人の見識 




大人の見識 (新潮新書)大人の見識 (新潮新書)
(2007/11)
阿川 弘之

商品詳細を見る







タイトルから想像すると、いわゆる「品格本」みたいな内容かと思うんだけど


まえがきで筆者がことわっているとおり

「老文士の個人的懐古談」

なのだ。





それはそれでいいんだけど・・・

要するに 書きたいこと書いて終わり みたいなね。



特に戦時中の陸軍と海軍に関する話は、

ずいぶん熱っぽい。


それだけに、戦時中の日本について興味がないひとだったら

確実に胃もたれするでしょう。。




******



ただ、筆者の、語りかけるような文体は、

とても読みやすいし、

良い意味で、頑固おやじのうんちくに耳を傾けているような気分になります。



興味がある人はドーゾ。


書評  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。