03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

面白い人いっぱい。 

4月から新生活が始まった人も多いでしょう。

今は出会いの季節。
これも性的な意味じゃなくてね。ぜんぜん性的な意味じゃなくて。


学校の新入生、会社の新入社員、あるいは転勤になった人とか?

新しい環境で、周りを見ていろいろと学ぶ日々。

そんな場合、周りの人たちはみな先輩ですね。
(ぼくはまさにいまこの状況)





大学なら、せいぜい3つか4つ離れた先輩までしかお付き合いはありませんが

カイシャ勤めとなると、自分の父親を超える年齢の上司もいるわけです。

その人たちの言動、仕事ぶり、背中を見て思うのですが

自分ってまだまだですよね、ほんと。

ちょっとでも世界を知ったつもりになってる場合じゃないよ。ちっぽけ、ちっぽけ。
おれ、まだなんっも知らないことを痛感させられます。。




******



そうやって一気にいろんな人と出会う中で思うこと。


ほんと人間っていろんなタイプがいますね!



まじめにカリカリ努力する人もいれば、

気楽に肩肘張りすぎずに毎日過ごしてる人もいるし、

同じことやっててもやり方が違ったり、
考え方が違って、とても面白い。


なに当たり前のこと言ってんだ、って思わないでね。笑





身近な職場の先輩は、すごい人ばかり。
特に、年齢が近いとそのすごさが非常に現実的に感じられます。


そういうの見てると、ちょっとプレッシャー感じてしり込みします。


でも、ぼくけっこう負けず嫌いなのかな、とも思います。

ぜったい超えてやりたいんですよね。


それが夢かな。漠然としてるけど。
今はそんなかんじ。
スポンサーサイト
  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

ぼくの人生は、やがてぼくの人生のものだけではなくなる。 

昔の人ってのはどうしてこんないい歌がかけるんでしょうね。

人生という名の列車





さだまさしも、馬場俊英も、その魅力になかなか気づかないよ、ぼくたちは。






******




いつか夢は叶う、いつか成りたい自分に成れる


そう思っているうち、気づいたら40歳、人生折り返し。



隣には愛すべき奥さん。それから可愛くて仕方が無い子供。






・・・もう、自分だけの人生ではない。





ぼくの人生は彼らの人生の一部分であり、そして彼らの人生はぼくの人生の多くを占めている。





そんなことを思う時、涙が流れるのか。


人生の尊さと、時代の流れの速さに、ただ涙を流すことしかできなくなるのか。





父、母、先人の皆様、ありがとう。

ぼくは人生の列車に乗ったばかりです。
  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

成功体験を次の成功体験につなげる。 

気分的な問題です。


最近、実家で過ごしているせいか、緊張感がぜんぜんありません。
テレビを何の思考もせずただ見続けたりとか
二度寝、三度寝、挙句の果てにはご飯食べたあとの昼寝。



んで、ふと気づくと

「うわっやべ こんなに時間つかっちゃったよ・・・」

となるわけです。




誰もが経験したことあるでしょう。




********




で、あぁやっちゃった~って思ったあとって

なかなか気持ちが切り替えられないんですよね



そのままずるずると、ぼーっとしてしまったり。





逆に、

気持ちいいくらい勉強に集中できたり
やりたい仕事が片付いたときって

そのままいい気分を維持しながら
ほかの作業に移れたりしますよね






この、後者の現象をなるべく多く起こせたら。。



  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

エズロットにまた会う日まで。 

エズロットのオフィスに行って、ペーパーのフィードバックをもらってきました。

フルスコアでした。頑張って良かった。


******


エズロットはドイツ人の教授で、社会学を中心に教えています。

最初は 何このなまった英語・・・ と思ったけど、それも慣れたし
授業を2つとって、月から木まで週4で顔を合わせるうちに、
なんだかずいぶんいろいろ学んだような気がします。

誰かが言ってました。

「社会学はすべての学問の基礎」

これは今思えば、非常に道理に適っていると感じます。
実際エズロットの授業で学んだことも、かなり幅広い分野にわたって
理論的なことから実際の生活で直面する問題についてまで
ディスカッションしたりして、深く考える機会がもてました。

誰かが言ってました。

「私たちが過去に学んだことを点とするなら、それを結べば、線になる」

でも、学ばなければこの点は現れないのです。したがって線も結べない。
社会学について学ぶことは、この点を増やす作業だ、とぼくは感じました。
幅広い事象について考えることで、思考の枠組みが広がるのだと思います。


******


エズロットは(というかうちの大学の教授陣は)2年半契約で学校にいますが、
次の更新期となる2011年の後も、きっと残るでしょう。
なぜなら、彼が教えているコースは非常に学校にとって基盤になるものばかりだから。

だから、ぼくは言ったんです。

「将来、ぜったいに秋田に戻ってきて、また先生のオフィスを訪れます」

そのときには、ぼくも社会経験を積んで、少しは知識が増えているでしょう。
そうなったら、ぜったいエズロットと、世界で起こっている問題について、
もっともっと深い議論をするんです。

また夢が一つ増えました。
  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

2年3ヶ月振りのTOEFL  

当面の目標は

TOEFL ITP 600点

なんです。。


それが今回ついに・・・・










あと一歩でした。。






593





めげずに挑戦しますよ。




実は今回、留学をはさんで実に2年と3ヶ月ぶりのTOEFLだったわけですが

伸びてましたね。
10点ちょい。


実際ね、手ごたえがあるわけです。

なんでかわからんけど、
中国語勉強すると、英語も伸びるんですねぇ。

こう、脳みそが進歩を遂げるっていうか。

頭ん中で言語をスウィッチするときの、タイムラグが断然早くなりました。
(そういえば、もう頭ん中で 日本語→英語or中国語 っていう切り替えはしてないかも)

3ヶ国語環境に身を置いた成果はあったみたいです。



もうちょい努力すれば、600点は目の前!!!
  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。