07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

「深い河」を読んだ。夢のなかでぼくはタージマハルに居た。 


深い河 (講談社文庫)深い河 (講談社文庫)
(1996/06/13)
遠藤 周作

商品詳細を見る





花の金曜日の飲み会で、すっかり気持ちよくなって家に帰ったぼくは、
死んだように眠りながらこんな夢を見た。


******


初めて見るタージマハルは荘厳だった。


写真でよく見る、卵の殻みたいに白い宮殿ももちろん立派だったが、
その周りに広がる地平線と、吹き付ける生暖かい風にぼくは魅了されていた。



敷地内を歩く。想像したよりも背の高い建物に圧倒される。
空を覆い隠すように威圧的だが、それでいて優しい輪郭を持っているタージマハル。
あぁ、こういうところに神様は住んでいるのだな、と思う。それがシヴァ神であろうと、天照の御神であろうと、
あるいはブッダやジーザスであっても、どうでもよかった。
ただ、そこにある力を感じた。強烈に、実感を伴って。



ぼくは愛用のデジカメをとりだして、写真を撮り始めた。
だいたい、この小さな四角で切り取って、どんな魅力が伝わるというのか。
この圧倒的な地平線も、澄み渡った青空も、タージマハルに住む神様も、そこには写りきらない。
バカバカしい。
そう思ったぼくがふと横に視線を向けると、その男がとても美しい写真を撮っているのが見えた。
男は近未来的な、卵型のカメラを手に包み込んでいた。
そのディスプレイに写る風景は、非常に現実味があって、まるで手で触れることが許されているようだった。
そこに神様が写っている気がした。
ぼくはあふれる興味に導かれるまま、男に声をかけた。








そんな夢を見た。



タージマハル行ったこと無いけどね。
スポンサーサイト
こんな夢を見た  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

こんな夢を見た。第5夜 

めちゃくちゃ怖い夢だった。自分の潜在意識を疑うほど。
なんとか伝わるように書くけど、うまく描写しきれないかも。けっこう謎な状況だったから・・・

ちょっとグロいかもなんで、いやな人は以下見ないでください。

66n2020m2h7m0w2x_BLOG4232.jpg



******


ぼくは、ある女性に追われていた。
どちらも必死だった。捕まるか逃げるかで、今後に致命的な差が出る状況。
捕まれば、殺されると感じていた。チャンスがあればこちらから先手を取って殺すつもりだった。


ぼくはある教会に逃げ込んだ。
非常に天井が高い教会だ。
見ると、はしごが上にまっすぐに伸びていて、かなり天井に近いところに、まるでロフトベッドのようなスペースがあった。
上のスペースにたどりついたところで、逃げ場はないだろう。袋のねずみ。
でも、選択を迷っているひまは無かった。彼女は教会にすでに入ってきている。
急いではしごをのぼった。息を切らせながら。やばい。やばい。
しかし、やはり男と女の腕力の差はあるようで、ぼくのほうが若干スピードに勝っていた。
肩で息をしながら、上のフロアにたどりついた。広さは一畳くらい。いったい何に使う場所なんだ。ごちゃごちゃといろんなものが置いてあった。
下を見ると、もう地面が霞むほどの高さだった。女はまだはしごをのぼっていた。かなり辛そうだ。

少しそこで余裕が生まれた。このささやかな時間、彼女がここにたどりつくまで、どう行動するべきか??
判断に失敗すれば、こんどこそ窮地だ。何か対策を練らなければ・・・



カン・・・カン・・・


女がはしごをつかむ音が響く。近い。来る。


ぼくは近くにあった棒切れを手にしていた。
向こうから攻撃をされる前に、一気に女の脳天に一撃をいれ、落ちてもらう算段。


来た。

もうすぐそこだ。


腰を踏ん張って、顔をにょきっと出して下をのぞきこむ。
と同時に、振りかぶった棒切れを振り下ろす・・・



いない。



なぜ。

! 女は攻撃を避けるため、はしごの逆側にいた。


初太刀が避けられたのは痛い。

しかしぼくは悪魔のような二の太刀を用意していた。




近くにあったナイロン製のロープを輪にして、
はしごの横から、カウボーイのように投げつけた。


うまくひっかかった手ごたえを確認して、
水揚げする猟師の要領で思いっきりひっぱった。





重い。




それはつまり、女の体が今は宙吊りになっていることを意味する。


成功。



ぼくは額に汗をかきながら、重いロープの先を、フロアの隅っこにあったでっぱりに引っ掛けた。





・・・・

勝った。    放心。





罪を犯すこととは、こんなにもさっぱりしたものか、と思った。




ふと、体育座りをしたぼくのすぐ横に、携帯電話が落ちているのに気がついた。




あの女のものだ。


なぜ。

わからない。なぜここにある。
でも、ぼくの手はすでにそれをつかんでいた。
放置することのほうが怖いと、本能が判断したのだ。







待ちうけ画面に映る、女の姿。



首からは天に向かって一筋の線が見える。
逆行で表情はわからない。体中から力が抜けて、水に濡れた照る照る坊主みたいだ。




誰が撮ったんだこれ。







******

そこで絶叫しながら目が覚めました。


こんな病んでる夢を見たのは久しぶりだ~
なんでこんな夢見たんだろ。不思議。たまーにこういうことがあるよね。

さぁ、ぼくの文章にはリアリティがあったかどうか。実際マジ怖かったんだよ。
こんな夢を見た  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

こんな夢を見た。第四夜。 

民進党の暴走により、台北市は毒ガスに包まれた。



ぼくは台北市で、新聞記者をしていた。



速報が届く。
デスクがあわただしい。いったい何があったのか。。
ハナシを聞くところによると、馬英九政権の度重なる不手際に業を煮やした民進党支持者たちが、
暴動を起こし、市政府を占拠したとのこと。




次の瞬間、ぼくはヘリコプターの上にいた。
市政府の上を飛んでいる。 この一角に人が集まり、警備隊との衝突など、阿鼻叫喚の図を呈していることが、
ここからだとよくわかる。
個性的な形をした市政府の建物の屋上に、一塊の人がいた。
何かを準備している。大規模な兵器のようなもの。
彼らは無造作に計画を実行に移した。
紫色の毒ガスが、炎のようにうねりながら立ち昇る。
近くに見える台北101ビルとの対比が、皮肉にさえ思えた。
毒ガスは風に乗って次第に広がり、その身の毛もよだつ光景は、昔教科書で見た広島長崎を思い起こさせた。


気づくと、ぼくは混乱した群集の中にいた。
みな、口々に何かをわめきながら方々に駆けていく。
ぼくは取材を試みていた。いや、早く逃げろよって感じだけど。
人々の群れの混乱と同じように、ぼくの頭も混乱していた。
不思議と恐怖は感じていなかった。だからかはわからないが、
「今って日本時間では何時ですか??」
というかなり的外れな質問を道行く人にしていた。



その辺で目が覚めた。

どうか今後の中台関係が平和でありますように。
そしてぼくみたいなバカなジャーナリストがいなくなりますように。(いないか)
こんな夢を見た  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

こんな夢を見た。第三夜。 

こんな夢を見た。




これからイギリスに長期で出張するってことになって、

TSUTAYAっぽいところで、

必死になって料理本を立ち読みしていた。





んで、さっき30分くらいnapしたら、

うちの学校に、先学期いた香港人の留学生とかが帰ってきてて
楽しかった。

でもなぜかみんな甚平着てた。女の子も。

この辺は全部英語で夢見てた。
初めて自分が英語で夢見てることに気づいた。
こんな夢を見た  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

こんな夢を見た 第二夜 

こんな夢を見た。




大学のキャンパス内を歩いているとき、おもむろにライターを取り出し、
火をつけたり消したりして遊ぶ。
いきなり、火がどうしても消えなくなって、焦る。
息を吹きかけても、ライターを振ってみても、ぜんぜん効果がない。
そのうちライター自体が熱をもってきて、とても持っていられなくなる。
落した場所はたまたまアスファルトだったからよかったけど、そこから1m位のところに、乾いた芝生が
広がっていて、これはまずい、と思う。
そうこうしているうちに、ライターの本体がどんどん溶け始めていく。
もう少しでガス部分まで到達する。そうしたら、きっと爆発する。
爆発したら、芝生に燃え移って、どうしようもなくなる。
焦る。
誰か来ないかな。
助けを呼びに行こうか。
でもきっとそれじゃ間に合わない。
踏みつけてみる。熱い。危うくズボンのすそに燃え移りそうになった。
そうだ。蹴ってみる。
そしたらライターが転がる道筋に沿って、
わけわからんくらい巨大な一筋の炎が現れた。
あぁ、終わった。。。



そこで起きた。
夢でよかった。
こんな夢を見た  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。