07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

◆DDのメヂカラ◆

この大きな眼を通して感じた、いろいろなこと。。  日常生活、台湾、金融、書評など

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Report on Emerging Countries - undone 


Report on Emerging Countries
2011-9-17


1 Brain Storming
what is the purpose of this article? > to examine the possibility of development of emerging countries(EC) for next decades.
Emerging countries? > BRICs, the next eleven, Africa, Middle East, South America
which do i focus on? BRICs or the others > to survey how BRICs will deteriorate and how the others will develop. 2 vectors.
Economy, Political risk, foreign investment, human resource, education level, culture, currency, transport

2 from Nikkei articles…
foreign investment by Japanese companies > 60% of this year go to EC.
ユニチャーム is expanding in India. building factories. > if export from Japan, the commodity will be expensive due to tariff. >accelerating decrease of GDP?

BRICs deterioration… INFLATION, and protective trade
(Brazil) 2011-8-31 Interest cut > clear measure switch from containing inflation to stimulating economy. however, inflation rate is expected to be over 6% in 2011, and it is said that minimum wage is increasing 13~14% in 2012. even though interest was cut this time, economy is still expected to inflate.
rising salary > from world's factory to becoming-developed countries
(Brazil) 2011-9-15 impose higher tariff on imported car. > in order to protect domestic workers and car industry. same things happen in Russia.
(India) 2011-9-16 Interest increase to 8.25% > in order to amend inflation.
political risk… bribery.
(China) braking of export. >after decrease of the US national bond rate, companies refrain from ordering producing commodities in China
(China) bubbling real estate?


Others development...
Nestle is going to invest on sub-sahara over 10 billion swiss franc in 3 years. > expecting on the development of the market due to population growth and foreign currency gained through exporting resources.
African population is expected to grow over 15 billion in 2030.
Mazda is building factories in Vietnam. > tariff on car is 70%.
Toyota is expanding market in Indonesia > producing 750 thousand cars in 2010. soon excelling produce in Thailand (800 thousand). Indonesia is growing to the no1 car market in asia


3 Hypothesis
BRICs will struggle with heavy inflation. Indonesia and Vietnam will survive through this coming 10~20 years. Africa will become a major consuming market and also producing base of foreign companies after 2030.


4 Heavy Inflation on BRICs
The glory of BRICs will be over in these 20 years because of heavy inflation. This is because of 3 reasons, first reason is that contained risk of bad debt is going to increase by continuous increase of interest. Next, domestic consumption will shrink and at the same time export will no longer develop. Lastly, foreign investment will avoid BRICs due to high expense on human resource.


As inflation goes, the government will increase interest in order to avoid overheat of the economy. Companies which own much to debt finance will take a certain risk of paying interest to bank, and so do individuals. Concealed bad debts could be a trigger for bigger bubble burst when the development of economy in those countries over and go to collapse. Next two paragraphs explains how BRICs will lose their power.
Under inflation, the price of goods will get higher. In other words, domestic consumption will no longer contribute to the growth of the economy. Also, since the price of goods increase, it will harm most of manufacturer in EC, because they would take more costs to purchase materials and ingredients. Therefore, it is estimated that as inflation gets stronger in EC, their markets will shrink as domestic consumption lost its dynamics, and manufacturing lost sufficient mechanism.
Foreign companies have dropped tremendous effect by outsourcing manufacture to the cheap labors in China, which let this country called "the world factory". However,












X To Search on Data
* 景気指数 Brazil, India
* currency rate of Real
スポンサーサイト
国際社会  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

秋は夕暮。 









先日ツーリングしてきました。

一週間で、

札幌~苫小牧~(フェリー)~仙台~陸前高田~奥州平泉~秋田~(電車)~札幌

の旅程でした。





一人旅だと道中ヒマなので大体文庫本なり持って行って読むのですが

今回は日本人の情緒に触れようということで

「枕草子」 を選びました。



結論としては、



もうちょっと古文まじめにやっとけばよかった。


あんなに大嫌いだった高校の古文のババァの出す宿題も

今考えれば愛の鞭だったかと。



DSC_0126_convert_20110906225310.jpg




時を経て忘れ人に恩義を感じたる、いとめでたし。




旅の雨に濡れ本の背が波打つもをかし。




稲穂の腹を雨水が滴り落ちるさま、いみじうをかしくなまめきたる。
ツーリング・旅  /  tb: 2  /  cm: 0  /  △top

世界恐慌? 




「まぁデフォルトはありえないだろう」とうちの上司も言っていました

アメリカのデフォルトはすなわち世界の崩壊と言ってもいいくらいなので、そりゃそうだとぼくも思っていました。


実際デフォルトとはならなかったものの、
副次的に米国債格下げ。

ちょっと甘く見てました。格下げもなんだかんだ言って格付け会社がポーズとっただけだろうと思っていました。

結果、なし崩し的に世界のマネーが動いている。

信用力を失った基軸通貨からマネーは流れ、円やスイスフランへ。

スイスは高騰を受けてすでに政府が対策打っているようです。つまり、更なる円への買いが続くか?
円高是正の道のりは遠そうです。。

投機家たちはリスクを避けて、金などのコモディティに手をつけている模様。
金の価格が高騰して、それに関連する投資信託や各種ファンドも値上がりしているみたいです。

日本は電力不足で産業の発展はしばらく見込めなさそう。
いやそもそものびしろがこの国に残されているのかもわからん。

それより日本について気になるのは政治の動き。
今月内には総理がバトンタッチするみたいですが
やっぱり間接選挙だと国民不在の感があります。
台湾を見習って直接選挙を取り入れるべき。 不安定にはなるだろうが、民意の成熟を待つべき。
日本国民は教養もあるし行政もしっかりサポートできる体制があるのだから、
直接選挙によって自らが政治に関わっているという意識を育て、国民一人ひとりが意見を持つようになれば
1億人分の成熟した意見の集合体を作ることができるでしょう。
女性の社会参画が謳われて久しいが、日本に女性の首相が現れたか?
女系天皇を認める気風はあるか?
大企業の役員に女性は何%いる?
直接選挙によって、男女問わず優秀な人間を天秤にかけるべき。
議会の偏屈な意見に頼ってちゃ変革は起きない。

ちょっと前の話になるけど、ワタミ、都知事選受かって欲しかったなぁ。
民間と政治の融合なんてものすごく面白そう、新しい風吹きそうなのに。


******


いろいろ話がふらふらしましたが

最近ぼくの資産もちょっと目減りしてるんですよねぇ。

差し迫った問題として

どこにおカネを預けて運用しようか、と。

それを通じて世界のこともちょっと考えを深められたらいい。

金融  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

苦諦(くたい)。 




安岡正篤さんという、東洋思想研究をしていらっしゃった先生がいる。


その人生観からは学ぶことが多く、実業界にも先生の著書を愛読している人が多い。



ぼくも、直接の著書ではないんだが
寺師睦宋さんという安岡先生の弟子にあたる方が書いた本を数冊持っていて
先生の思想がわかりやすく解説されているので、もう何遍も読んでいる。

ちなみに、内一冊はトイレにいる。 トイレ文庫スタメンだ。

今日も、朝のお勤めのときに読んだ。

ふんばりながら読んだ。 人生で一番、充実した苦しみが感じられる瞬間に、ぼくは安岡哲学を学んでいた。

そしたら、ふと、わかった。

「無明」(真理に暗い状態)に限りなく近い、解脱からはほど遠いぼくだったが、

安岡哲学(というより、仏教思想か)が突然すっと身にしみるように理解できた。


人生は苦しみの連続だ。

苦しみを一つ乗り越えても、また別の苦しみがある。

諦めなければならない。

pain is inevitable, but suffering is optional.

ここでいう諦めるとは、屈することではない。

受け入れるということなのだ。

その苦しみを消化し、諦めの上に立ち、

解脱へ一歩一歩近づけるかは、自分次第なのだ。






ぼくは朝のお勤めを終えた。

苦しみは消えていた。

そこでぼくは思った。

「やっぱ苦しいのはやだな。」
IDEA NOTE  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top

「そこ」にたどり着くには。 










ぼくの好きな言葉に、こんなのがあります。





"There" is no better than "Here".

When your "There" has become "Here", you will simply obtain another "There"

that will again look better than "Here".






追い求めていた 「そこ」 にたどり着いたとき、

「そこ」 は 「ここ」 になり、

また新しい 「そこ」 が現れる。





現状に甘えていい、という教訓ではないとぼくは思います。

むしろ、今自分に与えられているものにどれだけ感謝できて、限られた資源をどれだけ有効に使えるか。



DSC_0060_convert_20110522093354.jpg




道は、どこかにつながっている。
一歩踏み出すのは時にしんどいけど、なんとかもがきつつ前進するしかないのかもしれない。
IDEA NOTE  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。